いつの間にか東北の震災・津波から2ヶ月が経ちました。

本当に大変なことだと思っていた大災害でしたが、当事者でない自分としては気がつけば自分の目の前の仕事・家庭だけを考えるようにになっていて
(もちろんUnoでボールを蹴ったり・・・)、少しずつ意識が薄れて来て、
「何だかんだきれい事を言っても結局なんにも行動できていないなぁ」とモヤモヤしていました。

そこで、今日は思い切って前から気になっていた「ふんばろう東日本支援プロジェクト」と言う活動で物資の支援をしてみました。

これは早稲田大学の講師の方が中心となって立ち上げた被災者支援システムで、「個人から個人への物資での支援」が誰でも出来るように作られた即効性ときめ細かさを目指した活動です。(通常の赤十字や大規模な募金は、効果も大きいのでしょうが、ある程度の時間が必要なため、災害直後には求められる支援が行き渡らないこともあるようです。)

説明だけだと難しい感じがするので、今日僕がやった大まかな流れを写真でアップしたいと思います。

まず、インターネットで「ふんばろう東日本支援プロジェクト」のホームページにアクセス
a0059812_1523011.jpg右側の「物資を提供」をクリック→「同意して一覧ぺーじへ進む」するとたくさんの避難所ごとに希望する支援物資が書いてあるので、自分が支援できそうな物資を見つける。
そして、その避難所の住所や送り方(ヤマト便など)を確認しておく。


送る物資を準備
a0059812_155395.jpg

ワレモノ等に気をつけて箱詰め
a0059812_1561743.jpg

宅配便へ持ち込み。(最初に確認しておいた避難所の住所を送り状へ記入)
a0059812_1581498.jpg

これで完了!(早ければ翌日到着。遅くても2、3日後とのことq(^-^q))
a0059812_20724.jpg

物資を探したり、箱詰めしたり、それなりには時間もかかることですが、やってやれない程のことではないし、日頃あまり人の役にたってないかも知れない小市民の僕でも、少しは被災した人の役に立てたかもと思うと少しだけすがすがしい気持ちになりました。

大きなことは出来ないけども、「小さなことをコツコツと 〜 p(◎_◎)q 」
これからも続けて行ければと思いました。

皆さんもやってみませんか?